食事の基本.png(png)

華やかで美味しく、カラダにやさしいお料理を。全てのお料理は、マクロビオティックをベースに、動物性の食品、卵、乳製品、白砂糖など、カラダに負担になる食材は一切使用していません。

原料からこだわり、伝統製法でつくられたものだけを。

ルラシュ癒しの杜でお出しする全てのお料理は、マクロビオティックをベースに、動物性の食品、卵、乳製品、白砂糖など、カラダに負担になる食材は一切使用していません。
『華やかで美味しくカラダにやさしいお料理』です。

玄米などの全粒穀物、野菜、豆類、海草類などを中心として、調味料も原料からこだわり伝統的製法でつくられたものだけを利用しています。

生産者こだわりの厳選食材。地のもの、旬のものを食す。

地元の高原野菜をはじめ、山梨県及び長野県より生産者こだわりの食材を厳選し、無農薬・有機だけで判断せずに味や香りなど野菜本来の食味が味わえるものを厳選しています。また、山菜や野草などの季節感溢れる食材を利用したお料理もお楽しみいただけます。

また、ルラシュ癒しの杜では、ナチュラルフードのパイオニアである、ナチュラルフードプロデューサーの花田美奈子氏及びコーディネータの滝田美智子氏の全面的なご指導・ご監修をいただいております。
ルラシュ癒しの杜は、KIJ(クシ・インスティテュート・オブ・ジャパン)の認定レストランです。

ナチュラルフード・プロデューサー花田 美奈子氏

「これからの世代にちゃんとした食を残したい!だから美味しく、彩り良く、おしゃれに。」

1960年日本初のビアレストラン「ローゼンケラー」の銀座オープンを皮切りに、銀座「マキシム・ド・パリ」、六本木「パブ・カーディナル」、新宿「エル・フラメンコ」など、時代を代表する飲食店の企画・経営に携わり、フードプロデューサーとして脚光を浴びる。
当時はオーガニックとは全く無縁で、そのため肝臓を壊しその時出会ったマクロビオティックの理論を基礎に野菜・穀物・海藻を素材とした自然食で、見事肝臓病を克服。その経験から食の大切さを痛感し、ハナダ流イタリア料理による自然食が誕生。
1990年千代田区一ツ橋に体に良く、美味しいオーガニックメニューの自然食レストラン「アートスペース・ハナダ」をオープン。若い女性からビジネスマンまで幅広く人気を集めた。
2000年閉店後はフードビジネスのコンサルティングや、執筆、フードコーディネーターの育成など幅広く活躍。
2013年2月にご逝去されました。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

<著書>
『ハナダ式玄米菜食ーらくらく健康食生活』(竹内書店新社)
『デトックス クッキング』(グラフ社)滝田美智子氏と共著

ナチュラルフード・コーディネーター滝田 美智子氏

「カラダに良いのは当然で、見て楽しめて美味しくなければダメ。」

自然食研究家・早野登美江氏の長女として生まれ、幼い頃より自然食に親しむ。 母の早野登美江氏は早くから自然食を研究し始め、自然食の普及を目的にデパートに自分の売り場を持つかたわら、昭和40年頃には自然食料理店を経営する等、自然食業界では先駆者的な存在。
その母の片腕として、料理の腕を磨く。その後ナチュラルフード・プロデューサーである、花田美奈子氏の元でオーガニック料理、ベジタリアン料理を学び、現在は各種企業や店舗等のプロデュースも手がけている。
本来のシンプルで身体にやさしいナチュラルフードの素材を活かし、見た目にも美しい「もてなし料理」として、レベルアップさせている。
親子二代にわたり雑穀にこだわり、その中でも五穀のレシピの巾を広げ親しみやすい料理にしてきた。
現在は発酵大豆食品であるテンペの普及にも大いに貢献していて、テンペ料理ではNHK・TVや日本経済新聞等で料理提案や普及活動を積極的に行なっている。
また、各種企業への商品開発、ホテル(小淵沢・ルラシュ、富士箱根ランド)へのメニュー提案やマクロビオティック料理店のプロデュース等幅広く活躍中。

<著書>
『健康はキッチンから』早野登美江氏との共著(白揚社)
『三日で美肌ごはん』ーあわ、ひえ、きび(講談社)
『デトックス クッキング』(グラフ社)花田美奈子氏と共著

生産者こだわりの食材をルラシュ癒しの杜のメニューは、 一つ一つにこだわりがある厳選メニュー。旬のおいしさをご堪能ください。

世界が注目するマクロビオティック。そんなに難しいことはありません。全体のバランスを考えた食事で人間本来の健康な生活を目指します。

マクロビオティックとは?

マクロビオティックの語源は古代ギリシャ語に由来し、「自然の秩序と調和した生活をすることによって健康と平和な心が保たれていることをいう意味合いで使われていたようです。

マクロビオティックでは、食事が重要になってきますが、元々は日本人の食事方法が海外に紹介され、食事だけではなく、その考え方、 生活方法まで その価値が多くの人に認められ、逆輸入という形で 日本に帰ってきたものです。

マクロビオティックとは2.png(png)

食事の基本2.png(png)

穀物を主食とし残りは植物性食品で補う、農薬を使用しない、遺伝子組み換えではないオーガニックな食材であること、精白や生成をせず、自然なままのものを食べる、食材と調理法は季節に合ったものにする、動物性食品は減らし、植物性に変更する、脂肪の摂取量を減らすこと、甘味は米飴、甘酒、かぼちゃ、甘栗など よく噛めば甘く感じられるものから摂る、調味料は伝統的製法で作られた良質なものを使用する、添加物、化学的なものはできるだけ排除するなどがあり、これらの穀物、野菜、豆、海藻などをバランスよく摂ります。

マクロビオティックの目的は、「バランスを整えること」、即ち「陰陽のバランスを整えること」です。人それぞれ健康状態、生活環境、   年齢、性別などが違い、その人に合った食事方法があります。        基本原則はありますが、絶対こうしなければいけないということはありません。自分の身体の声を聞き、その時の状況によって柔軟に対応して行きます。

マクロビオティックを始めるには.png(png)

いざ始めようとすると難しいと考えてしまいますが、はじめは本などで基本的なことを覚えましょう。今は、自然食品店などで購入しやすくなっていますので、味噌、醤油などの調味料を添加物のない伝統的な製法の良質なものに代える、米、野菜などの食材はできるだけ有機栽培のものを購入するなど、少しずつ始めてはいかがでしょうか。       忙しい時には市販のマクロビオティックの調理済み食品を購入するなど、無理をせず取り入れて楽しんで続けてみて下さい。        レストランなどでプロの味を体験するのもひとつの方法です。

マクロビオティックで心も健康に.png(png)

マクロビオティックは、食事療法のひとつとして知られてきましたが、それだけではなく生活全般において、自然に親しみ、体を動かし、  自然素材のものを取り入れるなど、こうしたことを続けていくうちに、体だけでなく心も健康になっていきます。

マクロビオティックには、現代の私たちが忘れてしまった自然の法則や、先人たちの教えがあります。人間が本来食べるもの、人間が地球の上にのっているのではなく、その一部であること、全てのものと調和することの大切さなど、私たち人間がもっと健康に、楽しく、自由に暮らせる知恵なのです。